慢性腰痛

Aloha!
ハワイアンコンセプトのリノア鍼灸院 院長:西村です。

【本日のテーマも腰痛です!!】

お身体の痛みのお悩みで上位3位以内に入るのが、
そう。腰痛ですね。

一言で腰痛と言っても原因や種類は多岐にわたります。
当然、治療するツボも症状によって変わります。
当サロンの腰痛治療の事例を多い順に挙げさせて頂きます。
3回に分けてそれぞれを簡単に説明していこうと思います。

今回は、2.慢性腰痛です

1.ぎっくり腰(急性腰痛) 
2.慢性腰痛
3.冷えによる腰痛

2.慢性腰痛は激痛ではない。
なのに原因が分からず常に痛いと言うのが多いんです・・・

痛みを感じて3~6カ月経過している場合に『慢性腰痛』と呼ぶことが多いです。
年齢層も、小さいお子さんから高齢者に至るまで幅広いです。
原因が分からずずっと痛いんですが、

慢性腰痛は大きく2つに分けられると考えます。
①筋肉由来の痛み
②骨や精髄や神経由来の痛み

①の筋肉由来の場合は、ずっと同じ姿勢でいること等で血流が悪化し筋肉の凝りが発生することにより痛みを感じることが多いです。
この場合は筋肉の血流を上げることで緩和が期待出来ます。
一番、簡単な方法はタオルを濡らしてレンジで温める方法です。
怪我などで熱感が無い場合は、冷やす事より温めることの方が効果が見込めます。

当サロンでは、お灸をして筋肉を緩めてから鍼をしています。
お灸の熱で筋肉が緩み、鍼で更に緩めることで深い場所にある筋肉が緩みます。
継続して治療することで、筋肉の質が変わります。
再発のリスクを下げることが可能です。

日々のケアとしてはタオルでの保温と1時間に1回は軽くストレッチをすることがお勧めです。
座り続けた場合は、立位体前屈の様に、背筋を意識して伸ばしましょう!
※諸説あり

②の場合は、椎間板ヘルニア,圧迫骨折,脊柱管狭窄症 等、命に係わる疾患が隠れている場合があります。
痛みの強い腰痛が3カ月以上続いてる場合は、まず専門施設にて検査を受けて下さい。


本日のポイント!!
・慢性腰痛は大きく2つに分けられる
・筋肉由来の痛み・・・保温すると効果的
・骨や精髄や神経由来の痛み・・直ぐに専門機関の受診を

 

最後に、腰の負担を減らす3つの対策をお伝えします
1.起きる時は横向きになってから
寝起きは腰に負担がかかるので腰反るように起きない事
2.ソファーに浅く座って長時間続けない
寄りかかる姿勢は、腹筋や背筋を使わないので楽に感じますが、骨で身体を支えるので腰への負担が増えます
3.長時間の運転は腰当てを使い正しい姿勢で
背もたれを倒しすぎない/腕は軽く曲がる程度/膝にも余裕があるように(狭く感じるかもしれませんが疲れにくいです)
※諸説あり

次回は冷えによる腰痛についてお話します

Mahalo

リノア鍼灸院院長 西村茂樹

鍼灸師向けの鍼灸セミナーで講師も務めるほど豊富な経験を持ち、プロモデル・プロスポーツ選手をはじめ、多くの人へ施術を提供。
ボクシングの世界チャンピオンからも施術を依頼され試合にも同行するなど、鍼灸やマッサージの技術に絶大な信頼を寄せられ、一般の方からも多くのリピートを頂いている。
リラックスして施術を受けて頂けるよう、店内はハワイをイメージした落ち着いた雰囲気を作り、また、鍼灸に慣れていない方や痛みに不安がある方向けの痛みのない鍼灸もご用意するなど心のこもった接客も好評。

得意な疾患

ぎっくり腰・頭痛・肩関節周囲炎・不妊症・婦人科疾患全般・関節可動域改善・痺れ・痙攣・ペインコントロール・顎関節症・眼精疲労・倦怠感

保有資格

  • 国家資格 鍼灸師(医療専門課程専門士)
  • 一般社団法人日本セルフケア協会認定 フィジカルセルフケアインストラクター
鍼灸院名Acupuncture salon LINOA リノア鍼灸院
所在地東京都江東区門前仲町1-20-5 カンファ・ツリー門仲6F
アクセス地下鉄東西線、都営大江戸線門前仲町駅6番出口より徒歩約2分